ニューレオマワールドと園内及び近辺のホテル・宿について

ニューレオマワールド

香川県丸亀市にある遊園地です。

 

開園は2004年なんですが、
いろいろあって2010年に現体制に。

それまでは、4つのエリアに分割された園内を、
それぞれ別々の企業が担当し独立採算する方式をとっていたため
「レオマワールド」とひとつの名前を名乗りながら
一貫したテーマが見えにくいというなんとも奇妙な状況でした。

しかしながら、現在は大江戸温泉物語の傘下に入り、
以前と比べると活気が増しているというか、
施設・スタッフ側のモチベーションが上がっている気がします。

2016年7月には、中四国地方最長260mの流水プールを含む
新感覚プール「レオマウォーターランド」もオープン。

まあ、いろいろと頑張っている最中ということで。

帰り際にNEWレオマワールドの名入りで
「なんとか、またお越しください」
と書かれた青い看板を見つけて哀愁を感じてしまいました…。

 

交通手段としては、車利用をお勧めしますが、
公共交通機関を利用する場合、
最寄り駅は、高松琴平電気鉄道「岡田駅」になります。

ただ、駅の看板には「ニューレオマワールド前」とあるものの、
ぜんぜん「前」ではありません・・・。

ここからバスでNEWレオマワールドへ向かう場合、
ダイヤ改正での減便などで注意が必要。

特に、日曜祝日は運休になっているので、
どうしても近辺の駅からバスでレオマワールドへ向かいたいという方は
隣の、ことでん「栗熊駅」で降りてコミュニティバスに乗るしかないです。

 

個人的には、

(1)最寄の岡田駅でタクシーを呼ぶ(電話しないと駅前にはほぼいません)
(最寄)岩崎タクシー岡田営業所(徒歩4分約300m) 0877-86-3010

あるいは

(2)JR「琴平駅」前、または琴電「琴平駅」前からタクシーに乗る

ことをお勧めします。

 

上記
(1)の場合、所要時間は約8分で、片道1300円前後
(2)の場合、所要時間は約20分で、片道2300円前後
になるかと。

 

この愛すべきニューレオマワールドを
泊りがけで満喫するに当たって宿をお探しの方向けに、
園内及び比較的近いと思しきホテル・宿泊施設をご紹介します。

簡単な感想なども書いていますので、
宿泊先探しの参考にしていただければ幸いです。

では、ご覧下さいませ。



【当サイトについての最新記事】

ホテル レオマの森

ホテルレオマの森

ニューレオマワールド内にあるリゾート型ホテルです。

何気に結構な賑わいを見せているホテルだと思います。

個人的には事前の想像以上でした。

 

駐車場は、ホテル専用の無料駐車場が約200台分有り。

電車で行かれる方は、最寄り駅の琴電「岡田駅」からなら
定刻出発の無料送迎を行っているとの事。

事前にホテル側に連絡確認されることをお勧めします。

 


大江戸温泉物語 ホテルレオマの森
(楽天トラベル)

 

------------------------------------------

 

大江戸温泉物語 ホテルレオマの森 (じゃらんnet)

 

住所
〒761-2405
香川県丸亀市綾歌町栗熊西40-1

TEL 0877-86-5588
FAX 0877-86-5586

交通アクセス
JR琴平駅より車で15分
高松空港より車で30分
坂出ICより車で30分
善通寺ICより20分

駐車場
有り 200台 無料 先着順

チェックイン 15:00 (最終:19:30)
チェックアウト 10:00

総部屋数
232室

バリアフリー対応
館内車椅子利用可能トイレ有り
客室内に洋式トイレ有り

 

------------------------------------------

 

施設としては若干古めのホテルです。

客室は、和室・洋室・コテージの三種あって、
和室よりも洋室の方が高層階になります。

ただ、ニューレオマワールドで花火をやっている時期などを除けば、
山の中なので夜景などは全く見えません・・・。

客室の鍵はカード式ではなくごく普通のタイプのやつですね。

 

部屋や設備は古さを感じますが、私の泊まった範囲では
清掃は比較的行き届いているのではと思います。

広さ的には、4人家族で宿泊となった場合は
普通の部屋だとちょっと狭さを感じるレベルかも。

また、部屋のコンセントが少ないので、 携帯やスマートフォンなどの充電は
順番を決めて早めにやっておいた方が良いかと。

まあ、あくまで泊まってみての個人的なイメージですが。

あと、お子様連れの場合、3歳未満と3歳以上で
客室の予約形態や料金などが変わってきますので一応ご注意あれ。

 

お風呂は、館内に天然温泉「森の湯」があります。

大浴場とはうたいつつも混み合うのかなあ、と思っていましたが、
洗い場も広めでゆっくりリラックスできましたね。

入浴時間は、
朝の11時半から夜の24時までと、朝の5時から10時までになってます。

注意点としては、
プールゾーンの営業が期間限定になっている点と、
山の中なので仕方ないんですが、露天風呂でたまに虫が浮いてる点
を一応あげておきます。

 

食事は、夕食・昼食共にバイキング形式。

料理の内容は品数も豊富で美味しいと思います。

ただ、会場はかなり混雑するので、
ご家族連れなどは満席時の待ちなどを避けるために
早めの時間帯に会場に行かれることをお勧めします。

食事を早めにすませれば、
卓球やゲームセンターなどで遊ぶのにも余裕が出来ますし、
おみやげ物がなかなか充実している売店内を見て回るのも有りかと。

また、各種娯楽施設には、カラオケなど事前予約が必要なものも有りますので
利用希望が固まっている場合は早めに予約確認しておきましょう。

 

で、ここからは気になった点をいくつか。

まず、残念ながら、ホテルスタッフの接客サービスの質が一定していません。

「少々お待ちください」と言われて待たされた挙句放置され順番を飛ばされた、
などのトラブルを数回耳にしましたし、
細かいことをあげていくと色々と・・・。

きちんとしたスタッフさんも多いですし、
サービス向上に努力されている面も多々うかがえるので、なんとも言えませんが
サービス面での過度の期待は禁物、だと思います。今のところは。

 

次は、設備面。

もうしょうがないことなんでしょうけど、エレベーターが少ない。

時間帯によってはなかなか乗れないので、
時間をずらすか、階段を上手く利用されることを強くお勧めします。

 

と、色々書きましたけど、
お値段の割りには、食事もお風呂も良くてコスパ面は良好だと思います。

なにせ、ニューレオマワールドに近いわけですし。

小学生以下くらいのお子さんがいるご家庭で皆で遊びに行かれるには
なかなか良いホテルだと思いますよ。

 

大江戸温泉物語 ホテルレオマの森 (楽天トラベル)
大江戸温泉物語 ホテルレオマの森 (じゃらんnet)
大江戸温泉物語 ホテルレオマの森 (Yahoo!トラベル)

 

琴平パークホテル

琴平パークホテル

平成17年開業で、金比羅さんの門前町にある、
この辺りでは数少ないビジネスタイプのホテルです。

最寄り駅はJR「琴平駅」で、ホテルまで徒歩約15分。

向かいにスーパー、隣にコンビニ。

斜め向かいのビルに「むさし」という
カレーうどんが美味しいうどん屋さんが有り。

ニューレオマワールドまでタクシーで約20分。
タクシー料金はだいたい2,000円前後かと。

 


琴平パークホテル
(楽天トラベル)

 

------------------------------------------------------

 

琴平パークホテル  (じゃらんnet)

 

住所
〒766-0004
香川県仲多度郡琴平町榎井706-7

TEL 0877-73-3939
FAX 0877-73-5888

交通アクセス
JR土讃線「琴平駅」より徒歩15分
高松自動車道「善通寺IC」より車で15分(R319経由)

駐車場
有り 30台 普通車300円 到着順
※お車でお越しの場合は予約入力時の備考欄にご記入下さい。

チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00

総部屋数
88室

 

------------------------------------------------------

 

建物に入ると、白を基調としたオシャレなロビーがお出迎え。

支払いはチェックイン時の前金制(クレジットカード払い可)。

こちらのホテルは、フロントやスタッフの方の対応が非常に親切で気持ち良い。

さすがのサービス業というか、個人的にも見習うべきだな、と思うシーンがちらちら。

一応、深夜1時の門限がありますのでご注意あれ。

 

建物自体は築年数が経っているようで、客室は古さを感じます。

エアコンが個別空調なので、そのあたりは非常に助かる。

ベッドは狭めなものの、未就学児(小学生未満の子供)までなら添い寝無料で宿泊可。

ロビーや廊下とのギャップは正直ありますが、料金的にもこのレベルならまあ個人的には文句はありません。

 

インターネット環境は、全客室に有線LANとWi-Fiが来てます(無料・ただしLANケーブルは貸出し本数が少ないらしいので持参したほうが吉)。

パソコンレンタルサービスや、1階ロビーには24時間利用可能なインターネットコーナーも有り(こちらは有料だった気がします)。

 

で、ここのホテルの大きな売りは、なんといっても8階の男女別の展望浴場。

入浴時間は、午後5時から午後11時までで、翌朝は6時から。

但し、男性用は割りと広いですが、
女性用は湯船も小さく洗い場も3つしかないので、
時間をずらして入る必要が出てくるかもしれません。

女性用展望風呂には入口にロックが掛かっていて、
ロック解除の際はタッチパネルで暗証番号を入力する形になります
(暗証番号は毎日変更)。

 

朝食は、7時から1階のロビーレストランで、和洋折衷のバイキング形式。

チェックイン時に朝食券を購入するスタイルでした。

ただし、品数が若干少なめなので過剰な期待は禁物かと。

近くには朝食をやっているレストランもありますし、
なんと言っても、スーパー・コンビニが近い。

なので、前の日に持込みで用意しておくという手も有りだと思います。

 

感想を言うと、この価格で展望浴場付きの宿に泊まれるなら、非常に満足です。

やっぱり疲れが取れますし。

施設自体は新しいものではありませんけど、
清掃はきちんとされていますし、フロントの対応は親切丁寧。

贅沢感からはちょっと遠いものの、
シンプルかつ安価な宿をお探しなら充分検討に値する良いホテルだと思いますよ。

 

琴平パークホテル (楽天トラベル)
琴平パークホテル (じゃらんnet)
琴平パークホテル (Yahoo!ビジネストラベル)

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。